スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
a la 麓屋(ア ラ ふもとや)/田町(信州開田蕎麦)
立ち食いそば屋なのに、ちょっと気取ったネーミング。
立ち食いそば屋なのに、メニューにペペロンチーノ。
立ち食いそば屋なのに、アルカリイオン水&こだわりのそば茶。
立ち食いそば屋なのに、しばし待つ。
立ち食いそば屋なのに、器のセンスがいい。
立ち食いそば屋なのに、揚げ物はすべて揚げたて。
立ち食いそば屋なのに、本格的なうまさ。

立ち食いそば屋の常識をガラリと塗り替えてくれる、立ち食い「信州開田蕎麦」屋さん。じつは青山と丸の内にある、そばキュイジーヌ(?)「麓屋」の系列店らしい。
どおりで店内は、店長のこだわりで満たされているわけだ。

西日本出身者としては、東京のしょっぱいそばには断固反対だけど、ここのは違う。ちゃんとそばを主役にした上品な味。
器くらいの大きさがある、あつあつサクサクのかき揚げにも大満足。

a la 麓屋(ア ラ ふもとや)
東京都港区芝5-26-10
03-3452-6882
11:00 ~ 16:00 17:30 ~ 23:45 / 土11:30 ~ 15:00
スポンサーサイト
2006.05.27(Sat) 04:47 | | Trackback(0) Comment(1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。