スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン
映画観る前に小説読まねば!と思い立ち、読み始めたものの予想外に時間がかかってしまい、いまさらレビュー。

さすが売上1,000万部突破しただけあって、エンターテインメント作品としてレベル高し。元ネタになっている「キリスト教の聖杯伝説」はトリビア的な楽しみ方もできるし、ダン・ブラウンの文章もうまい。少なくとも前半は、ドキドキハラハラの世界へ入り込めた。
ところが読み進めていくうちに、徐々にリアリティが失われていく。ダ・ヴィンチの絵の謎は強引なこじつけに思えたし、犯人の設定も無理があるのでは。最後のクライマックスシーンなんて、もうなんでもありのドラクエの世界。
海外では、教会がこの映画の上映を禁止したりしてるらしいけど、そこまでするほどのものでもない気が…。あくまで、ノンフィクション・ミステリー小説ということで。

あまりいい評判を聞かない映画の方は、DVD化されるのを待つことにしよう。

ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン
角川書店
スポンサーサイト
2006.07.12(Wed) 03:54 | | Trackback(1) Comment(1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。