スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
博多屋/大森(元祖もつ鍋・居酒屋)
大森の地で創業15年という老舗もつ鍋屋。最近、蒲田にも支店ができたらしい。

店内は体育会系なノリのお客さんでにぎわい、活気にあふれていた。いつもより声のボリュームを上げないと、ろくに会話もできないほど。
メニューにはもつ鍋の他に、明太子の創作料理や馬刺しなど九州のうまいもんが並ぶ。新鮮なレバ刺しや馬刺しは、売り切れに注意。
そしていよいよメインのもつ鍋。当然そのまま食べてもおいしいんだろうけど、今回は汁に「美少年」という日本酒を注いでもらった。この食べ方、九州出身の常連客が編み出したもので、口コミで広まってきた。地元では普通にこうやって食べていたらしいけど、これ、うまいです。肉厚なもつも、コリッとしてるのに柔らかくて味も濃厚。思わず二人で三人前食べてしまった。最後は、残った汁でおじやを作ってもらってごちそうさま。満腹、満足。

もつ鍋といったら、恵比寿の蟻月とか中目黒の鳥小屋あたりが有名だけど、こんな意外なところにも名店があったとは。

博多屋
東京都品川区南大井3-34-6
03-3768-0399
17:00~24:00
17:00~22:00(土・日・祝)
スポンサーサイト
2006.09.07(Thu) 17:54 | | Trackback(0) Comment(0)
新記/三宿(香港麺)
ラーメンもいいけど、たまには香港麺でも。

三宿交差点にあるこちらのお店は、香港に本店があるという本格派。もちろん店員さんも香港人が多いみたいで、接客もやや香港風か(笑)。
まずは葉っぱ系やら腸詰の小皿やらで青島ビールをグビグビやりつつ、最後に香港麺で〆るというのが定番。
麺は大きく分けて、湯麺(タンミン:スープ麺)と撈麺(ローミン:つゆなし麺)という2種があり、このつゆなし麺というのがなかなかうまい。なんというか替え玉の皿をそのまま食べちゃう感じ。
さらに麺は香港麺か日本麺かを選べるけど、ここでは迷わず香港麺を選択したい。独特の極細ちぢれ麺の食感を思う存分堪能できる。
その他、聞いたこともないような香港食材もちょこちょこあって楽しいし、なにを頼んでもそれなりにおいしい。

HPを見てみると、中延店ができた模様。お台場も?

値段もリーズナブルで、ひとり3,000円也(たしか…)。

新記
東京都世田谷区池尻3-30-10 山旺ビル2階
03-3419-4123
平日    11:30~15:00・18:00~25:00
土・日祝日 12:00~25:00
2006.09.07(Thu) 03:10 | | Trackback(0) Comment(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。