スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
つるとんたん/六本木(うどん)
ドンキの隣にある艶系うどん屋さん。
もともと大阪で人気があった同店が東京進出。六本木店ができるときには、この店のファンである夏木マリがプロデュースしたとか。
わりと最近、新宿歌舞伎町にも支店ができたらしいけど、なにか夜の街にこだわりがあるのか。

六本木店はガラス張りで、うどん屋らしからぬバブリーなつくり。まさに、UDON meets LUXURY!
店内は、同伴のおっさんやら、アフターのおっさんやら、ただのおっさんやら…とにかく色んな人種でにぎわっている。
まずは、ビールと一品料理をいくつか頼んでみることに。うどん屋のサイドメニューなんで特に期待もしていなかったけど、焼きナスも鶏の竜田揚げも予想外においしい。和食料理屋としてもやっていけるんじゃないかと思うくらい。
こうなると、当然メインのうどんへの期待も高まるわけで。注文したのは、つるとん釜玉。半熟卵がいい感じに溶ろけた状態で運ばれてくる。
うん、おいしい。期待を裏切らない仕事に感謝。器の大きさも必見。

しかもこの店、午前11時から午前8時までやっている。六本木で飲んで、飲んで、飲んで、泥酔して、意識を失くして、我に返ったときでも、まだ営業していそう(笑)。

ひとり4,000円也。

つるとんたん
東京都港区六本木3-14-12
03-5786-2626
11:00~8:00
スポンサーサイト
2006.09.20(Wed) 17:08 | | Trackback(1) Comment(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。