スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
フランス旅行記/ニース篇
N01.jpg

パリから小型飛行機(地上から階段で乗り込む!)で飛ぶこと1時間半。いざ、フランスの楽園ニースへ。リゾートへ向かうときは、自然と顔がニヤけてしまう。

N02.jpg

この街はビーチ沿いに豪華なホテルが軒を並べる、ザ・リゾート地。夏休みになると、世界中の金持ち達が肌を焼きにやってくる。ちなみに気温は25℃くらいなんだけど、日差しが強いので体感気温はもっと高い。

N03.jpg

この海の色!これだけ美しいものを前にすると、女性も自然とトップレスになるということか(笑)。噂には聞いていたけれど、ここのビーチは砂浜ではなく石浜。裸足で歩くと、非常に痛い。

N04.jpg

ここが最もラグジュアリーなホテル「ネグレスコ」。ダブルで1泊350ユーロ(約5万円)~。高いんだか意外と安いんだかよく分からんが、元々はイギリス人の別荘だったというからビックリ。どんだけ金持ちなんだ。

N05.jpg

ちょっと奥に入ると雰囲気は一変して、古き良き街並みの旧市街が広がっている。パステルな建物に花市なんかも開かれていて、なんとも豊か。お店も色々あるので、ビーチと旧市街を往復する日々を過ごすことに。

N06.jpg

ここが今回泊まったホテル「フォーポイント バイ シェラトン エリーゼ パレス」。いわゆる高級リゾートホテルだけど、手が届きそうな料金設定(ダブルで1泊36000円)だったので、日本からネットで予約していった。

N07.jpg

決して広くはなかったけど、キレイだし屋上にはプールサイド・バーなんかもあるし満足満足。写真には写ってないけど、ベッドの枕元からはばっちりオーシャンビューを拝むことができる。

N08.jpg

こちらはニースから高速バスで20分ほどのところにあるエズという村。もともとは敵の侵入を防ぐために高い丘の上に城壁を張り巡らせた要塞集落で、通称「鷲の巣村」。

N09.jpg

村全体が立体迷路みたいになっていて、歩くのが楽しい。ちょっとした宮崎駿ワールド。ほとんどの建物は、金銀細工や宝石なんかの工芸品のみやげ物屋になっている。

N10.jpg

当然ながら、ナイスビューなわけで。左下に見える大き目の建物はレストラン。ちょっと高くて予約必須だろうけど、眼下に雄大な地中海を眺めながらニース料理を楽しむことができる。

とまあ、こんな感じでフランス旅行は幕を閉じたとさ。もはや旅行に行ったのは1ヶ月以上も前だけど、振り返ってみてもやっぱり大満足。パリの人や都市も、ニースの太陽や空気も、新鮮で気持ち良かった。また行きますよ、ぜったい。
スポンサーサイト
2006.10.11(Wed) 17:31 | | Trackback(0) Comment(0)


 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。