スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
大竹伸朗 全景 1955-2006/東京都現代美術館
久しぶりの現代美術館で、大竹伸朗の個展を観る。

個展というと、こぢんまりとしたものを想像してしまうが、この人のはスケールが違う。あの巨大な現代美術館の企画展示室3フロアを埋め尽くす作品の物量は、まさに圧巻。
この展覧会は「全景」というタイトルどおり、小学生のころのノートの落書き(よく取っておいたなぁ…)から未発表の新作まで、大竹伸朗の全仕事を紹介。展示作品数は、なんと2000点以上!
そんなめくるめく大竹ワールドを回りながら驚いたのは、その作風の多様さ。(というより作風が無いのかも。)とても1人の人間の仕事とは思えない。しかも表現物のジャンルも幅広く、絵画を中心に、立体、写真、本、印刷物、音、ライブ装置(!)まで、なんでもあり。

正直なところ作品的にはあまりタイプじゃない作家だけれど、ものすごいエネルギーに触れられることは確か。それだけでも観に行く価値は十分あるかと。

大竹伸朗 全景 1955-2006
東京都現代美術館
2006年10月14日(土)~12月24日(日)
10:00~18:00(入館は17:30まで)
月曜休館
スポンサーサイト
2006.11.30(Thu) 03:15 | | Trackback(0) Comment(0)


 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。