スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
DEATHNOTE(デスノート)/大場つぐみ(原作)・小畑健(漫画)
5店くらい本屋を回ってようやく全巻購入できたカリスマ人気マンガ。ようやく読了。

ストーリーはものすごくザッグリ言うと、天才と天才の頭脳戦なわけだけど、その戦いが超ハイレベル。裏の裏のそのまた裏を読んで…といった感じで、読んでるこっちが混乱してくる。ダ・ヴィンチ・コードよりも頭を使った。
しかも、マンガのくせにやたら文字数が多い。ジャンプに連載されてたってことは対象年齢は小学生~中学生だと思うけど、最近の子どもはこんなややこしいもの読んでるのか。と、おっさんみたいな感想を抱いてしまった(汗)。
でも、ヘタすると作り手の完全な自己満になってしまいそうなところを、このマンガは難しさをおもしろさにうまく変換できているんじゃないかと。初代Lが死んだ後の失速感は否めないにしても。

映画の方は個人的に藤原竜也が好きじゃないのが難点だけど、ちょっと観てみたい。

DEATHNOTE(デスノート)/大場つぐみ(原作)・小畑健(漫画)
集英社
スポンサーサイト
2006.08.05(Sat) 01:14 | | Trackback(0) Comment(0)


 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。