スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
ミッション:インポッシブル/ブライアン・デ・パルマ
公開中の3を観る前に、1・2を観直そうとツタヤの戦略通りのことを思い立ち、さっそく借りてみた。

で、改めて観てみると、仲間たちから裏切られた主人公が限界ギリギリのミッションに挑むっていうストーリーは、24に似ているなぁと。もしかしたらジャック・バウアーは、トム・クルーズ扮するイーサン・ハントの生まれ変わりなのでは。
でもインポッシブルぶりは、こっちの映画の方が上。なんせ、列車を追いかけるヘリがトンネルの中を高速スピードで飛ぶんだから。しかも、そのヘリに爆弾をしかけたトムは爆風で吹き飛ばされることで助かってるんだから。爆風に頼るなよ。危ないよ。
というわけで、かなり主人公にいいように作られている物語だけど、その行き当たりばったり感がスパイっぽくなくて、逆にハラハラドキドキさせられる。これが狙いか(笑)。

ちなみにこの映画が公開されたのは、ちょうど10年前。トム、若いです。でも、直毛&剛毛っぽい髪型がちょっと変です。
スポンサーサイト
2006.08.10(Thu) 02:03 | | Trackback(1) Comment(0)


 

 

 
URL:
 
Comment:
 

Pass:   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ミッション:インポッシブルの感想です
2006.08.10(Thu) 10:00 | ジャスの部屋 -映画とゲーム-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。